注目度が高い

水を注ぐ

ウォーターサーバーの認知度も、どんどん上がってきました。
各家庭にサーバーが置かれているのが当たり前になる日も、近いかもしれません。
その中で今、注目されているのが水素水です。
水は生物が生きるためには欠かせないものです。
日本は世界的に見ても水の水質はよいのですが、その水も今は買う時代になっています。
体内の活性酸素を素早く取り除き、美肌・美白効果がありダイエットにも効果があります。
水道水を注ぐだけでミネラル水素水を簡単に作れるウォーターサーバーも出てきました。
他の宅配水とはちがい、直接水道水を注ぐことができるメリットがあります。
また、宅配水は天然水を利用していたり、独自のシステムでミネラルを足しています。

様々なところに

ウォーターサーバーは、職場や病院・家庭など、様々なところで置かれています。
宅配水のウォーターサーバーは、宅配水だけの費用が毎月発生するものや、サーバーそのものはレンタルであれば、費用は発生しないところもあります。
水素水のサーバーは、購入する場合は30万円から、レンタルで利用する場合は、月額3000~6000円くらいです。
水道水を蛇口から直接引くことが多いので、別途工事費用等が掛かる場合もあります。
しかし、ボトル交換などをする必要がないので、空きボトル等の置き場所を気にしなくてもいいですし、毎回送られてくることもありません。
また、水道直結なので、水の費用自体を気にすることなく飲むことができるのです。

市場

最近はウォーターサーバーは店舗(美容院や薬局など)でもよく目にします。
水道水への不安などがあり、1990年代に大手飲料メーカーがはじめたのが最初と言われています。
2000年代に入って他社が参入してきたことで、一気に市場が大きくなり、100億円程度の規模だった市場が現在ではその20倍以上の2,500億円規模と言われています。
現在800社程度の業者が参入しています。
日本では国民1人あたりのミネラルウォーター消費量が欧米に比べると数分の1程度と少ないため、今後市場は大きくなると予測され、それに伴いウォーターサーバー市場も大きくなると予測しています。
最近では一般家庭にも置いてあり、いろいろなサービスで顧客獲得を図っています。